事業所紹介

ここでは関連の事業所をご紹介します。

事業所紹介ページに戻る

工房恵庭

支庁管内名石狩振興局
通所事業所名工房恵庭
事業所代表名及川 政明
設立年月日平成13年10月
事業体系就労継続支援B型
設置・運営主体NPO法人工房恵庭運営委員会
設立の経過
H13.10
工房恵庭作業宅試行運用
H15.4
共同作業所認可開設
H18.2
NPO法人所得
H18.10
地域活動支援センター移行
H15.4
就労継続支援B型 移行し、現在に至る。
住 所〒061-1414 恵庭市漁町402番地
電 話0123-32-8806
FAX0123-32-8806
Eメールkoubou-eniwa@y5.dion.ne.jp
平均作業工賃時給165円
ホームページ
給 食無し
送 迎無し
開所日数月〜金曜日 20日/週5日
一日の就業時間9:00〜15:30(5時間)
主な作業種目
  • お土産品の花布きん製作販売
  • もめん工房喫茶室、就労訓練として運営
(その中でも特に力を入れていること)
  • ウエス製作販売
  • 畑作業
  • 建設資材袋入れ包装作業
休所日土・日・祝日・お盆休み・年末年始
定員20名
利用人数17名
常勤職員数4名
非常勤職員数5名
担当者嶋戸 敦子シマト アツコ
問合せ・ご相談先0123-32-8806
設立にあたっての
経緯やエピソードなど
 平成13年10月当時、「義理の弟孝さんのために、日中活動の場を作りたいです。」という岡崎真佐子さんの強い思いを知った仲間が集まり、資金を提供。恵庭駅前にあった古い商店を、借り受け作業室がスタートしました。
 利用者は3名。無給ボランティアが4名。毎日交替で作業所の運営に携わりました。
 この頃は、お陰さまで内職の注文が多く納期の迫ったものは、休みを返上して働きました。借りた運営資金返済のために、どんな仕事もこなしました。ほこりまみれになりながら、山のような袋の選別作業もしました。
 認可を得る目的のため、本当に仲間たちは頑張りましたが、今思うと笑顔が絶えなくて、心豊かな日々でした。
 念願の認可が下りたのは、平成15年4月1日のことでした。
運営において
大切にしていることやメッセージなど
 就労訓練を提供する上で利用者が守るべき決まり5カ条があります。
   1、 挨拶をしましょう。
   2、 返事をしましょう。
   3、 私語を慎みましょう。
   4、 時間を守りましょう。
   5、 職員の指示に従いましょう。
 毎朝、ミーティングで確認をして作業に取り掛かります。
 この規則は、就労や地域での生活において身に付けて置くべき重要な事柄です。
 静かな作業場で、毎日真剣に訓練に取り組んでいます。
 また、多くの人たちが作業ボランティアとして、協力してくれています。
 ぜひ仲間の笑顔に会いに来て下さい。お待ちしています。
 

▲ページTOPに戻る

[一般社団法人]

TEL:011-251-0855

受付時間月〜金曜日 9:00〜17:00