事業所紹介

ここでは関連の事業所をご紹介します。

事業所紹介ページに戻る

ワークセンター栗の木

支庁管内名空知総合振興局
通所事業所名ワークセンター栗の木
事業所代表名坂本 武
設立年月日平成14年4月1日
事業体系就労継続支援B型
設置・運営主体認定NPO法人栗山町手をつなぐ育成会
設立の経過
  • 1978(S53)年親の会設立
  • 2000(H12)一般就労していた子供たちがリストラ
  • 2002(H14.4)NPO法人栗山町手をつなぐ育成会発足、同年7月栗の木共同作業所開所
  • 2007(H19.4)就労継続支援B型移行
  • 2014(H26.6)認定NPO法人認証
住 所〒069-1511 夕張郡栗山町中央4丁目247
電 話(0123)-72-4073
FAX(0123)-72-4073
Eメールnpo-kurinki@taupe.plala.or.jp
平均作業工賃31,000円
ホームページhttp://www.kuri-ki.com/
給 食
送 迎
開所日数5日/週
一日の就業時間8:00〜16:00 (8時間)
主な作業種目パン作り、販売

(その中でも特に力を入れていること)

地元小麦を自家製粉した全粒粉100%のパン作り・小麦ふすまで作る「スティックブラン」、ふすまパンなど
休所日土、日、祝日、夏休み(5日)、年末年始(7日)
定員20名
利用人数16名
常勤職員数2名
非常勤職員数9名
担当者
問合せ・ご相談先
設立にあたっての
経緯やエピソードなど
 設立当初の共同作業枠は5〜9人。そのため、通所希望者6人に同意書をもらう。しかし4月オープン時には3人しか集まらず、頓挫の危機。町長選挙の年であったため、3月議会に提案できず、6月の審議になった。6月議会10日ほど前に2人を探し当て、5人として議会の承認を受け、現在に至る。。
運営において
大切にしていることやメッセージなど
5つのモット-を柱に取り組んでいる。
@自発性 A公益性 B無償性 C継続性 D先駆性

 仲良く楽しい出会いをたくさん!買ってもらう商品ではなく、売れる商品作りで経済的自立を目指す。
 

商品・受注作業

スティックブラン
さくさくした食感で、口の中でほろりとくずれます。ほんのりやさしい味で、ココアや牛乳に浸したり、ジャムやアイスクリームに添えて召し上がっても。
  • 賞味期限/8週間
  • 価格(税込)/370円(栗山町内では250円)
ふすまパン
食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富な小麦ふすまの活用として、パンに加え、栄養価をアップさせた商品です。さらに卵ゼロ、バター60%オフ、砂糖35%オフ(当作業所比)にしたヘルシー志向の方のためのパンです。
  • 賞味期限/3日
  • 価格(税込)/250円(栗山町内は200円)
全粒粉ラスク
町内の小麦を自家製粉し、全粒粉100%のパンを素焼きしたカラダにやさしいラスクです。
  • 賞味期限/1ヶ月
  • 価格(税込)/200円(栗山町内は180円)
ペポクッキー
高アミロース米品種「北端穂」を使った生地にかぼちゃ「ストライプペポ」の種をのせて素材でやさしい味わいのクッキーに仕上げました。
  • 賞味期限/1ヶ月
  • 価格(税込)/380円
ふすまでグラノーラ
当作業所で利用している小麦ふすまや黒千石大豆、北端穂(加工米)などを食事用においしいグラノーラにしました。
  • 賞味期限/8週間
  • 価格(税込)/320円

▲ページTOPに戻る

[一般社団法人]

TEL:011-251-0855

受付時間月〜金曜日 9:00〜17:00