事業所紹介

ここでは関連の事業所をご紹介します。

事業所紹介ページに戻る

指定障がい福祉サービス事業所 やまびこ

支庁管内名石狩振興局
通所事業所名指定障がい福祉サービス事業所 やまびこ
事業所代表名市丸 富男
設立年月日平成19年4月1日
事業体系就労継続支援B型
設置・運営主体NPO法人恵庭市手をつなぐ育成会
設立の経過
住 所〒 061-1414  恵庭市漁町21さかえ会館内
電 話0123-34-7717
FAX0123-34-7717
Eメールyamabiko@y9.dion.ne.jp
平均作業工賃月 15,846円
ホームページhttp://blog.canpan.info/eniwayamabiko/
給 食なし
送 迎
開所日数5日/週
一日の就業時間9:00〜16:00
主な作業種目
  • 企業内作業(施設外就労)
  • 農福連携作業(施設外就労)
  • 情報誌の配布
  • ヤマトDM投函
  • 刺し子布巾
休所日土・日・祝日・祭日・夏季・年末年始
定員20名
利用人数16名
常勤職員数6名
非常勤職員数0名
担当者山下 和恵
問合せ・ご相談先恵庭市漁町21番さかえ会館内 やまびこ
設立にあたっての
経緯やエピソードなど
 昭和58年5月「恵庭市知的障害者親の会」が発足され、平成6年4月親の会の懸命な設立運動の結果、念願の「やまびこ作業所」が利用者1名で開設されました。 その後、利用者の増加にともない「すずらん作業所」を設立し、平成12年4月恵庭市手をつなぐ親の会がNPO法人を取得され、さらに障害者自立支援法の成立にともない平成19年4月就労継続支援B型として新規に「やまびこ(やまびこ・すずらんを合併)」の運営を始め現在に至っています。
運営において
大切にしていることやメッセージなど
 「やまびこ」は、事業所を仕事の場であると共に生活の場と捉え、「明るく・楽しく・そして仲良く」をモットーに利用者の自主性を尊重した運営をめざしている。
 また、地域の理解ある対応を促進するための地域活動を重視し、社会見学・キャンプ・宿泊研修・ティーボール大会(札幌ドーム)・映画鑑賞等各種行事に力を入れている。

▲ページTOPに戻る

[一般社団法人]

TEL:011-251-0855

受付時間月〜金曜日 9:00〜17:00